TOP » 田園都市線・玉川エリアの家具店 » 溝の口にある家具店

宮崎台・たまプラーザ・溝の口エリアでオススメの家具店を見る

溝の口にある家具店

溝の口のオススメ家具店はどんな感じ?

本カテゴリーでは、溝の口エリアのオススメ家具店をピックアップし、特徴やサービス内容、口コミ評判、基本情報などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

溝の口というエリアは、多摩川を渡れば、すぐに東京都という場所柄ですね。それこそ国道246号線や東急田園都市線を使えば、ほんの数分程度で、東京に入れるという感じですね。高津区の中でも、中心エリアといった感じになります。

参考までに蘊蓄を述べておきますと、その歴史は江戸時代まで遡り、東海道の脇道の宿場街として整備されたのがはじまり。また国道246号線が開通する以前から、大山街道と府中街道が交わっていて、交通の要衝であったのだそうです。そして昭和2年には、現在の南武線と田園都市線の前身の鉄道が相次いで開通したそうです。

そんな溝の口は駅周りが1990年代後半から再開発が着手され大規模マンション群とかねてからの住宅街が混在しているといった感じです。そうした背景から、家具店はファミリー向けの店、こだわり家具の店、修理が強みの店といった感じで混在しています。

ルームズ大正堂

神奈川県相模原市を本拠地とし、溝の口の他にも、横浜や藤沢、八王子などに9店舗を展開しています。有名メーカーとして知られるカリモクや、東京西川、フランスベッド、イトーキ、オカムラなどに加え、イタリア製の輸入家具なども取り扱い。ちょいキズなどのワケアリ品を格安で購入できるアウトレット品も扱っています。

ルームズ大正堂の
住所と特徴を確認する

のるすく

こちらは雑誌や新聞などでも取り上げられることの多い、著名な建築家であり家具デザイナーの北田たくみさんが社長を務める建築事務所であり、家具工房でもあります。広葉樹の無垢材を使用しているのが大きなこだわりとのことで、自社のオフィスの棚なども、見本として展示しているそうです。椅子やテーブル、さらにはドアなどの建具なども過去の制作事例として豊富に紹介されています。

のるすくの
住所と特徴を確認する

ファニチャーシマヤ

こちらは江戸時代の呉服店が前身で、大正時代に家具店に移行したという歴史を持つお店になります。現在は家具のカタログ販売も行なっていますが、強みとしているのは家具の修理。モダンスタイルの椅子やソファはもとより、現在では対応できる店が減っている、桐箪笥の削り直しにも対応しているというお店になります。

ファニチャーシマヤの
住所と特徴を確認する

宮崎台・たまプラーザ・
溝の口エリアで
オススメの家具店

  • 高級感あふれる
    フルオーダー専門店

    3rd your life
    style shop

    予算:1,107,308

    (ソファ・テーブル・TVボードを購入した際の平均額)

    公式サイトへ

  • 欲しい家具が
    必ず見つかるこだわり家具店

    THE HOME

    予算:507,998

    (ソファ・テーブル・TVボードを購入した際の平均額)

    公式サイトへ

  • たくさんの家具から
    選べる大型店

    ルームズ大正堂
    溝の口店

    予算:188,341

    (ソファ・テーブル・TVボードを購入した際の平均額)

    公式サイトへ